2013年03月09日

ディズニー映画興行成績ベスト5は、日本と世界では大きく違う

ディズニー映画の興行成績ランキングが、日本と世界では大きく違うことをご存知ですか。

日本ではあまりヒットしなかった作品が上位だったり、逆に世界でヒットしなかったものが日本ではヒットしたり、ということがあるそうです。

下に、日本と世界の興行成績ランキングベスト5を列挙しました。

ディズニー映画の興行成績ランキング(日本)

第5位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006年)/100.2億円

第4位:『トイ・ストーリー3』(2010年)/108億円

第3位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007年)/109億円

第2位:『ファインディング・ニモ』(2003年)/110億円

第1位:『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)/118億円

ディズニー映画の興行成績ランキング(世界)

第5位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

第4位:『アリス・イン・ワンダーランド』

第3位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』

第2位:『トイ・ストーリー3』

第1位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

世界では『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが圧倒的な人気のようです。

さらに、昨年の11月本国アメリカで公開され、ディズニー・アニメーション歴代オープニング成績の首位記録を塗り替えた映画が、今年3月23日に日本で公開となります。

その映画のタイトルは『シュガー・ラッシュ』。

この映画は日本でヒットするのでしょうか?

非常に興味深いです。

(参考:「LAURIER(ローリエ)」2013年3月5日)
posted by やっちゃん at 04:45| ディズニー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。