2013年03月29日

ディズニー新作アニメ『シュガー・ラッシュ』がスマッシュヒット

3月23日に公開されたディズニーアニメ『シュガー・ラッシュ』が親子連れ、10代のヤング層、若いカップル等全国的に幅広い客層に支持され、ランキングトップにおどり出ました。

また、AKB48が世界中で公開される『シュガー・ラッシュ』の同名タイトルエンディングテーマ曲を担当したことでも話題になっています。

さらに、日本のゲームをもとにしたアニメ『スーパーマリオ』の悪役クッパ、同じく『ストリートファイター』のザンギエフ等ゲームメーカーの垣根を越えたキャラクター登場も話題となりました。

正直いって、これだけ話題性があれば、ディズニー映画でなくても人気は出そうですが。

ちなみに、ディズニー映画ではタバコを吸うシーンはNG(実写映画でも)となっているので、葉巻を加えるアニメキャラはディズニー映画ではもう出てこないはずです。

とりあえず、これから公開される『DRAGON BALL Z 神と神』や『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』との対決が楽しみです。

(参考:「MOVIE ENTER」)
posted by やっちゃん at 04:47| ディズニー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

ディズニー最新映画『シュガー・ラッシュ』は『トイ・ストーリー』シリーズを超えるか

日本では3月23日からディズニー最新映画『シュガー・ラッシュ』が公開されました。

ディズニー・アニメ作品の代表作といえば『トイ・ストーリー』シリーズと思う方も多いと思います。

しかし、『シュガー・ラッシュ』は、米BOX OFFICE MOJOが発表した全米週末興業成績(2012年11月2日〜11月4日)で初登場第1位を獲得した作品です。

この作品は人間たちが知らないビデオゲームの世界を舞台に、ヒーローになれない"悪役"のラルフと、レーサーになれない"ひとりぼっち"のヴァネロペが大冒険を繰り広げる感動のファンタジー・アドベンチャーです。

日本のゲームキャラクターも登場するなど、日本人にも縁の深い作品です。

監督のリッチ・ムーア氏は、これまで「ザ・シンプソンズ」の最初の5シーズンで17のエピソードを監督したほか、映画『ザ・シンプソンズ MOVIE』ではシークエンス・ディレクターを務め、

エミー賞優秀アニメーション番組賞やアニー賞アニメーション番組部門優秀監督賞などの受賞歴があります。

そしてこの映画『シュガー・ラッシュ』が自身初の長編アニメーション映画監督デビュー作となります。

作品のなかに登場する"シュガー・ラッシュ"というビデオゲームは、すべてがお菓子でできているという設定なのですが、そのお菓子の質感をリアルにCGで再現するため、監督はとくにライティングにこだわったそうです。

果たして、『シュガー・ラッシュ』は『トイ・ストーリー』シリーズを超えることができるのでしょうか。

(参考:「マイナビニュース」 2013年3月23日)
posted by やっちゃん at 04:53| ディズニー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。