2013年05月21日

インテル長友佑都がディズニーXDでアニメ化決定

イタリア・セリエAの強豪・インテルで活躍する長友佑都(ながとも ゆうと)選手がディズニーXDでアニメ化されることになりました。

タイトルは「ゆうとくんがいく」。

なんともベタ・・・、いや、王道を行くタイトルです。

製作スタッフとキャストは以下のとおりです(敬称略)。

企画・プロデュース:小池賢太郎

プロデューサー:山田周

監督・キャラクターデザイン・アニメーション:太田和彩

脚本:溝井英一 デービス

音響監督:小泉紀介 神南スタジオ

録音・調整:砂押知宏 神南スタジオ

音響効果:鋤柄務 アニメサウンド

音楽:笠松美樹

制作プロダクション:白組

キャスト

ゆうと:竹内順子

庄子裕衣、浜添伸也、菅沢公平、高瀬朝希、財城里佳、野口花緒

長友選手は監修というかたちで参加します。

アニメキャラクター“ゆうとくん”が、身近で巻き起こる様々な出来事に全力でぶつかっていく、というストーリーになるそうです。

くわしくは下にリンクした公式サイトからご確認下さい。

http://gogo-yuto.com/index.html

posted by やっちゃん at 04:51| ディズニー関連サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

「障害者優先」を悪用して、ディズニーで「待ち時間ゼロ」にする手口が横行

アメリカの大衆紙「ニューヨークポスト」電子版は2013年5月14日、ニューヨーク・マンハッタンに住む富裕層の母親たちが、ディズニーワールドで自分の子供がアトラクション利用の際に並んで待たずに済むように「体の不自由な人に報酬を支払って同行させ、家族のふりをする」という手口を講じていると紹介しました。

その記事によると、料金の「相場」は1時間130ドル(約1万3000円)、または8時間で1040ドル(約10万4000円)だそうです。

ある母親は、自分の娘がアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」で、2時間半待ちのところをわずか1分で入場できたと自慢げに答えたそうです。

ディズニーワールドでは、車いすが必要な入園者には、付き添いを含めて最大6人までが列に並ばずにすぐアトラクションに入ることが許されるようです。

日本の東京ディズニーリゾートでは、障害者の付き添いであっても待ち時間ゼロになるサービスはありませんが、もしあったとしてもここまでやる人はあまりいないのではないでしょうか。

それにしても、障害者優先を悪用する人はゲスト失格だと思います。
posted by やっちゃん at 04:42| ディズニー関連サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。