2013年06月22日

「スター・ウォーズ」効果で、ディズニーの関連グッズ売上が急増

ロサンゼルス・タイムズ紙が報じたところによると、ルーカスフィルムを買収した米ウォルト・ディズニーが、早くもそのメリットを享受しているそうです。

ディズニーは、自社作品のキャラクターを用いた関連グッズの物販で他の追随(ついずい)を許さない売り上げを誇っており、License Global誌によれば、2012年度の売り上げは394億ドル(約37兆円)におよぶそうです。

(売り上げに貢献したのは、アイアンマンやマイティ・ソーといった「アベンジャーズ」ブランド。)

そして、昨年ルーカスフィルムを獲得したことにより、「スター・ウォーズ」関連グッズのセールス状況が群を抜いて伸びているそうです。

2015年公開予定の「スター・ウォーズ エピソード7」の公開時には、さらに大きな利益をもたらしそうです。

日本でもスターウォーズのファンは多いし(私もその中の1人ですが)、「日本限定販売のディズニー&スターウォーズコラボグッズ」とかが販売されたら海外のスターウォーズファンも買いに来そうです。

(参考:「映画.COMニュース」2013年6月20日)




【関連する記事】
posted by やっちゃん at 05:32| ディズニーグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。