2013年04月23日

ディズニー、2015年から『スター・ウォーズ』続編を毎年1本公開

ディズニーは、2015年夏に公開予定の最新作『スター・ウォーズ エピソード7』を皮切りに、毎年1本のペースで『スター・ウォーズ』(以下SW)シリーズの新作を公開していくことを明らかにしました。

今月ラスベガスで開かれた映画トレードショー「シネマコン2013」で、ディズニーはかねてより計画していたSWシリーズの拡大戦略を発表しました。

それよると、現在、J・J・エイブラムス監督が製作中の『エピソード7』に引き続き、2016年にはスピンオフ作品を公開、その後2019年まで毎年、新作とスピンオフを交互にリリースしていくそうです。

つまり、エピソード7とエピソード8の間も、エピソード8とエピソード9の間も、スピンオフ作品が楽しめるということです。

なお、スピンオフのメインキャラクターとして、若き日のハン・ソロかボバ・フェットの名が浮上しています。

それにしても、エピソード6までは20世紀FOXのファンファーレで始まったスターウォーズシリーズが、エピソード7からはどんな音楽で始まるのでしょうか。

そこも個人的には楽しみです。

(参考:「海外ドラマNAVI」)
posted by やっちゃん at 04:47| ディズニー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。