2013年03月26日

米ディズニーの「同伴者なし14歳未満入場禁止」日本でも実施?

アメリカのディズニーランドがポリシーを変更し、入園に年齢制限がかかることになりました。

米国外で同様の措置がとられるという発表もされて、「日本でも年齢制限がかかるのか?」とインターネット上で不安の声が上がっているそうです。

ニュースサイトから一部を引用します。

『 2013年3月23日から、アメリカ・フロリダ州のディズニーワールドとカリフォルニア州のディズニーランドで14歳未満のみのゲストの入園が禁止になる。

つまり、14歳以上の人物と一緒にいる場合だけ入園できるというわけだ。

ディズニー広報担当のスージー・ブライアンさんは米NBCに対し、「入園ゲートで、14歳以上の同伴者がいない14歳未満と見られるゲストがいた場合、お声をかけさせていただきます」と話した。

14歳未満であった場合、両親か保護者に連絡をして、一緒に園内に入れるようにする、もしくは、つれて帰ってもらうようにすると英デイリーメールなどは伝えている。』
(以上、J−CASTニュース 2013年3月26日より引用)

日本の東京ディズニーランドとディズニーシーは、こうした動きを確認しているとした上で、年齢制限をする考えはないと言っているそうですが、日本でも年齢制限がかかれば、たとえば中学1年生の友達どうしで東京ディズニーランドに行くことはできなくなります。

日本の話だと、たとえば市民プールでは「小学4年生以下のお子様が入場される際には、16歳以上の保護者の同伴が必要」というルールとかがありますが、こちらはプールという、ひとつ間違えれば命を落とす場所だからこそのルールだと思います。

東京ディズニーランドとディズニーシーの年齢制限は、個人的には、とくになくてもいいと思います。
【関連する記事】
posted by やっちゃん at 04:47| TDR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。